« ‪3月14日, 15日「GRAND SLAM NIGHT」, 「MORE FIRE HERE ENCORE」公演、延期のお知らせ | トップページ | 雑記録2 _φ(・_・ »

2020年4月17日 (金)

雑記録 _φ(・_・

このブログ投稿は、あとで読み返したときに

「えー。あの時は、そんなことがあって、そんなふうに考えてたんだなぁ・・・」と思い返す為の

雑記録です。_φ(・_・

 

現代は、情報量が多く、僕自身 良いほうにも悪いほうにも影響を受けやすい性質なので、

自分自身の考えを整理して、この出来事を乗り越え生きる指針としたいなという目的もあります。

 

SNS では、種々様々な報道、主張や、それらに対する賛同、批判が見られ、

世界中が批評家のような状態です。

(ぶっちゃけ、テレビは 余程 見たい番組がない限りは、見ない生活が、1990年代後半から続いています。)

 

以下の投稿に関しても、様々な意見をお感じになることと思いますが、

「あー、そういう人も居るんやね。」くらいに、おおらかに受け止めていただけると幸いです。

 

(写真は、緊急事態宣言 真っ只中、生活に必要な食糧の買い出しに出掛ける際の姿)

Photo_20200417015601

(・・・強盗かっっ… 時期が違えば、通報されてるわ!!)

 

〜 私自身の観点からの見方や、妄想です。〜

 

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による、緊急事態宣言で

いわゆる3密を避ける為、

ライブなどのイベント自粛や、学校の式典や授業も

中止・延期が続いています。

 

 

自分自身に関係するところでは、

3月のライブ予定が延期になり、

講師を務める専門学校の卒業式が縮小開催されたり、

4月もライブの延期や中止、入学式の縮小、授業開始を 5月半ばまで遅らせることなどの影響を受けています。

 

 

2月末から 3月の半ばまでは、楽観視してました。

 

「人は、例外なく、いつか命が尽きる日が来るし、若い世代や 頑丈な人達が生き残るなら、それでいいや。」くらいに思っていました。

 

しかし、日本中にショックを与えた志村けんさんの訃報・・・

世代を越えて、お茶の間に馴染みの深い著名な方の肺炎による死は、

感染すること、感染させてしまうことの恐怖をとても身近に感じさせる出来事でした。

 

 

いまの僕の考えとしては、

自分の親世代や、それらの世代の方と同居や仕事での接点がある方々、

若い世代(例えば専門学校の教え子)でも、同じように年配の御家族が居れば、

その方々の命を危険に晒すことはしたくないです。

小さいお子さんや、お孫さんをもつ方々にも、できるだけ健康に長生きしてほしいです。

若い世代や 世の中の子供達には、未来へと命や文化を繋いでほしいと願っています。

 

その為、国家から出された緊急事態宣言で要請されるよう、

外出を控え、必要な外出の際には、マスク着用、帰宅後は まず手洗い・うがいを行なっています。(これは、もともと習慣として行ってましたが、より念入りに)

 

 

緊急事態宣言は、現状(4月17日 0時 現在)5月6日までとのことですが、

今年の夏、ヘタすると 1〜2年の期間に渡り、長引くのではないかとも言われています。

 

医学に携わる方々の献身的な努力により、劇的なスピードで、治療・予防の手段がもたらされるか、

免疫の獲得などにより、長い期間、新型コロナウイルスと共存していくのか、

はたまた、手塚治虫さんや藤子不二雄さんの 漫画などに見られる、SF のように

生徒達は学校へ行かず、自宅で立体テレビで授業を受け、

ただっぴろい空間で浮遊するように、コンサートを鑑賞する、

もしくは、免疫を獲得した労働層と、富裕層などが暮らすエリアが分けられ、

物流や医療は、ロボットが担う未来図へと文明が進化していくのか、

『いま』を生きる我々には、答えが分かりません。

 

しかし、『人の意志が未来を創る。』のは、これまでも

そして、これからも変わりません。

 

 

・・・飛躍した空想ですが、

この新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が何故 発生したのかを、

SF 的に考えてみると、『地球から人類を減らし、生態系のバランスや地球の環境を保つ為』などの意見も見られますが、

古くから『言霊』と言われるように、世の中に「死ねばいいのに」や「世界の終わりが来ればいいのに」など、

負のパワー漂う言葉を見えない力が感じ取り、新たなウイルスを創造した・・・

と思い描くこともできます。

 

「明日は明るい日と書くのさ!」「皆、大好き! 愛してる!!」← 正のパワー漂う言葉も書いときましょうね。

 

 

自分自身、ライブ配信や自宅でのレコーディングなどにも、時間を活用していますが、

これが長引くとなると、もっと深く考え、覚悟を決めて行動せねばなりません。

 

 

僕は、与えられた この時間を『自分自身と向き合うこと』に努めようと思います。

『孤独が人を育てる』という名言もありますし、SNS 全盛のこの時代に

新型ウイルス問題が発生したものだから、皆(僕も含めて)他人との繋がりを求めてしまいがちですが、

同調圧力や魔女狩り的な批判に怯え、自らを見失ってしまう危険があると感じたので、

SNS は、ほどほどに距離をおいて、友人・知人・仕事仲間の生存確認や

連絡手段、たまの息抜きくらいの感覚で活用していようと思います。

 

『自分自身と向き合うこと』には、身近なことでは整理整頓や、

音楽的なことも含まれます。

こんなにまとまった時間を得られるチャンスを活用しなきゃ、バチが当たるってもんですよね。

 

それと、これは有言不実行になると、とても格好悪いのですが・・・

2〜30歳台のときは、家飲みするのは年に3回(正月・誕生日・クリスマス)だけだったのに、

40歳台あたりから、健康の為に夕食前に◯△酒を飲むようになってから、

気がつけば、夕方になると「酒が欲し〜」と感じる体質になっていました。

 

40歳台からのほうが、機会飲酒も多くなり、

最近は、自宅でも芋焼酎・日本酒・赤ワインなど飲む習慣飲酒が、定着してます。

「あれ? もしかして・・・」と、自らの中毒や依存症を感じ、

4月13日からアルコール類、まったく飲んでなかったのですが、

とりあえず、このまま 1ヶ月、酒やめてみようと思います。

(新型コロナウイルス騒動の終息への願掛けの意味もあります。)

 

人と飲む楽しいお酒は、大好きなので、

これも、この機会が実行するチャンスと思いました。

 

 

取りとめない文章でしたが、自分自身の気持ちの整理ができたように思います。

 

 

〜 世界人類が平穏な日々を取り戻す闘いに打ち勝ちますように。〜

医療・学術・政治・経済・物流・飲食・文化など、全ての分野において、

苦境を乗り越える闘いの真っ只中にある、すべての方々の勝利を願っております。

 

2020417日 清水 賢治

« ‪3月14日, 15日「GRAND SLAM NIGHT」, 「MORE FIRE HERE ENCORE」公演、延期のお知らせ | トップページ | 雑記録2 _φ(・_・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ‪3月14日, 15日「GRAND SLAM NIGHT」, 「MORE FIRE HERE ENCORE」公演、延期のお知らせ | トップページ | 雑記録2 _φ(・_・ »